ピアサーモのよくあるご質問 | 電気式床暖房・浴室床暖房・埋設工事の事ならアトレック
ホーム>ピアサーモのよくあるご質問

ピアサーモのよくあるご質問

床暖房はどんなものを選べばいいですか?

床暖房は大別して電気式と温水式の2種類があります。

電気式

一般に電気料金が高いと言われてきたが、ピアサーモ(電気式床暖房)はその問題を解決しました。
半導体による自己温度制御機能なので、ランニングコストを大幅に削減、省エネ型へと進化。 スイッチONから昇温は他のどの床暖房より早く、しかも温度分布は均一。だから床材に反りヒビ割れを起こさず長持ちします。

温水式

施工も大変だから初期費用も高い。ボイラー・給湯器・エコ給湯器は約10年超え後に取り換えが必要で費用が大変。

水漏れなどのメンテナンスに費用も掛かる。排ガスは当然環境に悪く、騒音も気になる。

施工は簡単ですか?

ピアサーモ(電気式床暖房)の施工は業界でいちばん簡単です。面倒な電気接続はコネクタ付き専用ケーブルに差し込むだけ。温度センサー・サーモスタットは不要ですから、大工さんだけで施工できます。手離れが大変良いので施工費用も安くなります。

新築でないと施工できませんか?

ピアサーモ(電気式床暖房)は新築だけでなく、既設の住宅にも施工できます。床面の構造により、ヒーターの直貼り・断熱材 12mmを使用してほとんどのタイプに対応できます。

床・家具はそのままで、床暖房ができますか?

床暖房を入れたいけれど生活をそのままにしたい。又、新築して間が無いので床を張り替えたくない、とのご希望の方には、ピアサーモ(電気式床暖房)は比較的簡単に導入できます。床下収納庫から床下に潜り、大引き・根太間にヒーターを取り付ける「床下工法」で快適床暖房が可能です。

バリアフリーにも対応できますか?

既設住宅のバリアフリー対応は得意とするところです。ピアサーモ(電気式床暖房)は0.8mmの薄さですから、床面を全く上げることなく床暖房を施工することができます。

床温度は調節できますか?

ピアサーモ(電気式床暖房)は温度コントローラにより、強弱10段階の調整ができます。又タイマー運転により、毎日操作しなくてもON/OFF運転されます。

何分ほどで暖まりますか?

ピアサーモ(電気式床暖房)は他の床暖房ではない、パワーアップ品を標準化していますので、通電から10~20分余と、他のどの床暖房より早く暖かさが伝わります。また、北海道など極寒冷地に対応したものも用意しています。

床暖房を主暖房にできますか?

季節や床の断熱状況・機密性にもよりますが、部屋面積の60%の敷き込みで主暖房として使えます。

床面に水をこぼしても大丈夫ですか?

ピアサーモ(電気式床暖房)のヒーター本体は防滴構造になっていますので、特に問題はありません。しかし水などでフローリングを痛めますので速やかにふき取ってください。

タンスやピアノを置いてもいいですか?

自己温度制御機能(PTC)がついておりますので、特に問題ありませんが、重量物の場合は床下の補強が必要です。又、放熱による暖房効率を妨げる為、厚手のカーペット等は避けてください。

空気を乾燥させることはありませんか?

エアコンや石油ストーブは対流式暖房で、空気を暖めることで乾燥しますが、ピアサーモ(電気式床暖房)は遠赤外線による輻射熱(太陽光と同じ)なので、空気を汚さず・乾燥させず極めてクリーンで健康的な暖房機器と言えます。

低温ヤケドの心配はありますか?

自己性温度制御機能が働いていますので、異常過熱を起こしませんから、低温ヤケドを起こしにくいヒーターになっています。乳幼児や身体の利かない人の場合は、タオル等の敷物やタイマー運転をすれば尚安心です。

安全性は確保されていますか?

他のいずれの床暖房よりも安全性の確保に最大の配慮をしています。
自己温度制御機能(PTC)が備わっていますので、ヒーター全面・どこでも床焦げ火災等は起こしません。

ページ上部へ